家電品修理の現状

資料:家電品修理の現状.pdf

世界的に環境問題への取り組みが急務となっており、多くの国や地域で
循環経済(CE:Circular Ecomomy)への取り組みが始まっております。

日本でもすでに定着している3R( Reduce:ゴミの発生を抑制 / Reuse:製品の再使用 / Recycle:資源として再生 )に

 Refuse(拒否:レジ袋や使わない販促物を受け取らない等)

 Repair(修理:修理して使用できる状態にする)

を加えた5Rを推進する自治体や企業が増加しており、Repair(修理)に対する注目度が高くなってきています。

私ども日本家庭電化製品修理業協会(J-HARB)も、国内外の行政機関等から日本国内に於ける家電修理の現状と今後について、
意見を求められる機会が増えてまいりました。

本資料は、J-HARBから行政に提出したもので、資料に記載のデータはJ-HARB独自の調査データとなります。

握手している写真

企業担当者の方へ

J-HARB会員ネットワークと技術力で、貴社のアフターサービス業務の効率化に向けたご提案をいたします。

なおすけ