主な活動内容

J-HARBの主な活動内容

  • 当協会のウェブサイト、口コミ等による法人会員・個人会員の拡大
  • 当協会のウェブサイトによる法人会員・個人会員のプロフィール情報の紹介
  • 当協会のウェブサイトに設ける「専用ページ」を活用した会員同士の情報交換(掲示板機能)と業界情報の提供
  • 上記「専用ページ」を活用した修理技術情報の収集と提供、動画・スライド等を使った「バーチャル技術講習」の実施
  • 業務拡大につながる営業サポート、新規クライアントの修理情報提供
  • 「家電製品修理業」の視点から見た諸問題への主張を、家電業界内外に発信し、ステータス向上と認知度アップを図る
  • 技術者育成のためのプログラム開発、実務教育の場提供
  • 住宅設備機器、業務用機器、デジタルネットワーク、HEMS等の保守・メンテナンス、ソリューション業務等の業容拡大サポート

J-HARBは全国の法人会員・個人会員に向けて、さまざま情報を提供するとともに、業務拡大・業容拡大のサポートを積極的に行っていきます。より多くの方々がJ-HARBに参加されることで、全国をきめ細かくカバーできます。その「全国ネットワーク」が大きな力、大きな強みとなって「新規業務」「新規分野」への取り組みにつながっていくと確信しています。
J-HARBの活動内容は、まだ始まったばかりです。「J-HARBに参加すると、どんなメリットがあるのか」よりも、「J-HARBに参加して、どんなことを実現するのか」を重視しています。多くの会員の方々との情報交換で、新しい活動がどんどん増えていくことを期待しています。

情報収集・発信とともに業務拡大につなげていく

J-HARBの方向性

都市部以外の修理会社・個人技術者は、新規クライアントへのアプローチが困難な現状を踏まえて、J-HARBでは業務量拡大のため、以下に示すスキームを基本形として取り組んでいきます。
現在、主に出張修理対象品に関して全国レベルのサービス体制を持っていない、あるいは限られた地域のみの体制になっているクライアント(新興家電メーカー、ネット販売企業など)は、極力コストを抑えながらも、日本の特性ともいえる「アフターサービスの充実」が大きな課題となっています。
クライアントの要望に応えるとともに、J-HARB法人会員・個人会員の業務拡大=効率的な仕事の確保を進めていくことが、協会としての大きな使命となっていきます。

J-HARBと会員との関係

握手している写真

企業担当者の方へ

J-HARB会員ネットワークと技術力で、貴社のアフターサービス業務の効率化に向けたご提案をいたします。